アッシュやグレージュカラーの前と後


昨年から引き続き、アッシュやグレージュが流行っております。

それに加えて、オンブレやソンブレ、バレイヤージュも流行ってきて、海外だけではなく、日本でも流行の兆しがあるようです。

そこで、アッシュ系のカラーのオーダーも多くなってきましたが、カラーをする前に必要な事を!

「自分の髪の履歴を2年以上遡って、美容師に伝える。」

特に、黒染めやダークなブラウンにしたことがある人は要注意。ロングの髪の場合は3年前の黒染めの色素が毛先に残っていて、毛先に赤が出てきてビックリ!なんて事もあります。1年で12cmしか髪は伸びないので、50cmもある髪の場合は4年前の髪の履歴も正確に伝えると美容師さんは非常に助かります。

赤味はアッシュを打ち消してしまい、綺麗なブラウンになって出てきます。なので、赤味をトコトン削るのにブリーチが必要になります。できるだけ傷めない工夫は、今のトリートメント学が進んでいるので昔ほどの傷みはないにしても、以下の人は要注意!

縮毛矯正をかけている髪

例えウェーブが取れてしまっていても、かけた事実を知りたいので
デジタルパーマをかけている髪
パーマをかけている髪

これも、数年前を遡って美容師に伝えてもらえると、計算しやすいので助かります!

オンブレやソンブレの場合は地肌にブリーチを付ける事はないのですが、根元からガッツリと透明感のあるアッシュ系にしたいという場合は、根元にブリーチ剤を塗布することになるので、前日のシャンプーはしないで、ちょっと脂っぽいくらいの髪でいらしてください。当日の朝にシャンプーをしてきたら、頭皮はかなり痛いです。赤く熱を持ちます(笑)その覚悟でブリーチをしに行って下さい!

どのくらいまでブリーチで明るくするかというと…

黒髪からスタートし

IMG_8529

ブリーチ3回でやっとここまで顔が疲れてます(笑)

IMG_8552
二年前に黒染めをしたとのことで、若干赤味が残って取れませんでした。オンブレの場合だったら致命傷だったのですが、ワンメイクだったので、まっ何とか😊

そして、アッシュとマットを混ぜたカラーを上から乗せると

2015-03-23 23.34.30

こんな感じになります。

ブリーチ後に、グレーやスモーキーな色にしたり、グレージュにしたりと、薬剤のチョイスと調合で自由にできますが、この下地であるブリーチをしっかりレモン色まで持って行かないと、チョコレートブラウンで終わってしまいます。

ブリーチ3回で90ドル+50ドル+50ドル
ヘアカラーでロング 130ドル
カット・シャンプーブロー90ドル
合計で410ドルになります。
合計で4時間半かかったのですが、ミディアムくらいの長さの黒髪だと4時間以内で収まりますね。
既に髪が明るい状態でブリーチが1回で済んだ場合は、もっと時短になり料金も100ドルは安くなります。

もし、オンブレで、ブリーチが1回で済む場合だと
ミディアムカラー120ドル
2ndカラー 50ドル
カット・シャンプーブロー90ドル
合計で260ドル〜になります。

 

ブリーチした髪に色を乗せた場合は、色落ちも早いです!

せっかく、お金と時間をかけて好きな色になっても、一週間で黄色味が出てきたは勿体無いですもんね〜。。。

それを防ぐには、ブルーシャンプーとか、パープルシャンプーと呼ばれている、色素の入ったシャンプーで洗うと、色持ちがします!

絶対にお勧めしないのは、安価なシャンプーを使用することです。安いシャンプーは大体が石油系(高級アルコール系)なので、洗浄力が強く、色も直ぐに落ちていきます。

主原料が

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
ラウレス硫酸Na
ラウリル硫酸Na
などが成分表の1番上だと石油系です。

ラウレス-4カルボン酸Na は、低刺激な石鹸系シャンプーですので、同じラウレスでも「硫酸」とは違いますので安心です。

綺麗なヘアカラーは長く楽しんで頂きたいです!