シャンプー後の霧吹きは何?


下記の動画で、ヘマチンとキトサンを説明しています。

パーマやカラーを行うと、髪の内部に残留アルカリといって、有害なアルカリ成分が髪に残ります。毎日シャンプーしても一ヶ月くらいは落ちません。

その間に、紫外線と化学反応を起こしてダメージが進みます。

その残留アルカリを中和(デトックス)してくれるのがヘマチンです。

アルカリ剤とヘマチンがぶつかると、なんと!酸素と水に換わるんです。

酸素は、カラーの際の発色の手助けをしてくれますし、パーマはウェーブを形成する時の形をガッチリ繋ぎ合わせるときに必要なんです。

これを、しなかった時の体験談も動画の中で話をしています。

僕のこだわりの一つです。表参道で働いていた時には別途2000円を取っていましたが、ブリスベンのお客様には、カラー・パーマ・縮毛矯正の際に無料で行っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です